サイトアイコン アメリカに住んでいるからもらえる日本の年金

アメリカの年金、額はいくらから? 2021年版

今年も早2月、毎年恒例のこの季節となりました。 ソーシャルセキュリティの退職年金(Retirement Benefits)、何歳で一体いくらもらえるのでしょうか?

まず、何歳から?

ソーシャルセキュリティを若い時期に早めに受け始められるのは62歳から、ということは皆さんご存知だと思います。

まずは、今年62歳になる1959年(昭和34年)生まれの方の正確なフル・リタイアメント・エイジをSSA(社会保障省)のオフィシャルサイトで確認しましょう。

If you were born in 1959, your full retirement age is 66 and 10 months

1959年生まれの方のフルリタイアメントエイジは66歳と10カ月です。

Remember, the earliest a person can start receiving Social Security retirement benefits will remain age 62.

ソーシャルセキュリティ(退職年金)を早めに受けたい方の最年少年齢は62歳です。

If you start receiving retirement benefits at:

  • age 62, you will get 71.7 percent of the monthly benefit because you will be getting benefits for an additional 58 months.

受給を58か月早めて62歳で受け取る場合、満額の71.7パーセントの支給額になります。

  • age 65, you will get 88.9 percent of the monthly benefit because you will be getting benefits for an additional 22 months.

受給を22か月早めて65歳で受け取る場合、満額の88.9パーセントの支給額になります。

 

ではさっそく、今年(2021年)に62歳(受給開始の最年少年齢)になる 1959 年(昭和34年)1月2日以降生まれの方をモデルにして、アメリカの年金の受給額をシュミレーションしてみましょう。

左枠の「月収」とは、みなさんの過去35年間の平均の月収です。

月収 2021年に62歳で受給する場合の受給額/月 2025年に66歳10か月で受給する場合の受給額/月 2029年に70歳で受給する場合の受給額/月
$2,000 $700 $998 $1,323
$3,000 $854 $1,229 $1,641
$4,000 $1,009 $1,460 $1,960
$5,000 $1,163 $1,691 $2,277
$6,000 $1,317 $1,922 $2,596
$7,000 $1,471 $2,152 $2,914
$8,000 $1,626 $2,351 $3,095
$9,000 $1,734 $2,459 $3,244
$10,000 $1,807 $2,568 $3,393

 

やっと終了。 今年もよくできました。 この試算額の算出も今年で5年目となりますので、慣れたものです。

表の真ん中「66歳と10ヶ月」こそ、1959年(1月2日以降)生まれの方がソーシャル・セキュリティの満額を受け取れる年齢を指します。 アメリカでは Normal Retirement Age とかフル・リタイアメント・エイジと呼ばれています。

ソーシャル・セキュリティを受けるタイミングを70歳まで待つ(あまり薦められることではないですが)と、この Normal Retirement Ageで受けられる額は、約30%増しになってますね。

ご自分の生年月日で試算をしてみたい方は、下の便利な IRS 概算サイトで生まれ年と平均月収(過去35年の平均)を入力すれば自動計算できます。

SSA想定受給額カリキュレータ

※ これから日本の年金を受け始めようという方で、日本・アメリカの両方の年金を1ペニーも減額されることなく、しかも非課税で受けたい方は、私まぁこまで(連絡先は右サイド)ご相談下さいませ。(有料)SSA(米国社会保障省)に対し、あなたが受けとる日本の年金がWEP減額対象から外れていることを確認・申請します。

ツールバーへスキップ