アメリカの年金、額はいくらから? 2022年版

さて2022年も2月となりましたので、毎年恒例のソーシャルセキュリティの退職年金(Retirement Benefits)、月にいくら? 何歳になったらどのくらい受給できるのか? その推定月額を概算しましょう。

先にいっておきますが、このSSAのサイトで既に my social security にご自分のアカウントを作成済みである、という方は以下は無視して自身の概算に進んでください。

SSA.gov

このオフィシャルサイトの検索ボックスに ”Retirement Age Calculator” と入力して下のリンクを探して下さい。

Retirement Benefit   → Online benefit calculator へ進みます。

注:この2頁目以降は随時SSAの変更が入りますので、固定したリンクを貼り付けていません。

上のサイトにてご自分のお誕生日、〇〇歳xxヶ月から受けたいのかを入力し、各年の年収(Substantial Earnings) を入力していきます。 (上の画面では、本日の日付を入れています)

大丈夫。 各年の収入をチクイチ記入するのは面倒だという方のために、ここに62歳、67歳、70歳で受給する時の推定受給額(月額)を計算しましたので、下の表ごご覧ください。

今年(2022年)に62歳(受給開始の最年少年齢)になる 1960 年(昭和35年)1月2日以降生まれの方をモデルにして、アメリカの年金の受給額をシュミレーションしてみました。

左枠の「月収」とは、みなさんの過去35年間の平均の月収です。

月収 2022年に62歳で受給する場合の受給額/月 2027年に67歳で受給する場合の受給額/月 2030年に70歳で受給する場合の受給額/月
$2,000 $705 $1050 $1,336
$3,000 $848 $1,278 $1,635
$4,000 $991 $1,506 $1,935
$5,000 $1,134 $1,734 $2,235
$6,000 $1,278 $1,962 $2,535
$7,000 $1,421 $2,190 $2,835
$8,000 $1,564 $2,419 $3,135
$9,000 $1,708 $2,605 $3,302
$10,000 $1,829 $2,712 $3,443

 

今年もよくできました。 この試算額の算出も今年で6年目となりますので、慣れたものです。

表の真ん中67歳こそ、1960年(1月2日以降)生まれの方がソーシャル・セキュリティの満額を受け取れる年齢を指します。 この年齢のことをアメリカでは、 Normal Retirement Age とかフル・リタイアメント・エイジと呼んでいます。

ソーシャル・セキュリティを受けるタイミングを70歳まで待つ(あまり薦められることではないですが)と、この Normal Retirement Ageで受けられる額は、約30%増しになってますね。

※ これから日本の年金を受け始めようという方で、日本・アメリカの両方の年金を1ペニーも減額されることなく、しかも非課税で受けたい方は、私まぁこまで(連絡先は右サイド)ご相談下さいませ。(有料)SSA(米国社会保障省)に対し、あなたが受けとる日本の年金がWEP減額対象から外れていることを確認・申請します。