2019年第2半期報告【年金積立金管理運用独立行政法人 GPIF】

今年1月7日に、「日本の年金 なぜ信用できないの?」でそもそも、年金に関するニュースにおいてはネガティブなニュースが多すぎる。 実際には、日本の年金の積立金は資金運用がうまく行っており、

過去最高の累積積立金を達成している

と書きました。 え~? そうなの? 大損していると思ってた! という方が(予想通り)多くいました。

実際その年金の積立金は現在どうなっているのか? 結論だけまずグラフで見て下さい。


出典:年金積立金運用独立行政法人 2020年1月

計算の仕方、計算のもととなっている数字の説明については殆どの方が読んだって意味ないと思っているでしょうから、結果のグラフだけを上にあげてみました。

2001年から18年間(2019年末)までの積立金の運用履歴ですが、右端の2019年の金額の目盛りだけご覧ください。 現在の総収益は、67.9兆円です。

過去最高の額です

毎年1月初めに発表されますが、案の定というか、2019年は運用がトータルでプラスだったので、大きいニュースとして取り上げられませんでした

では悪いニュース「年金の資金運用でマイナス」とか「大損した!」など報道されるのは、いったいどんなタイミングなのか?

上のグラフで左の目盛りが -10% ~ +10% の間を上下している濃い青の棒グラフを見て下さい。 右目盛りでは、マイナス20兆円(-20,000億円)~プラス20兆円(+20,000億円)の間です。

横の時系列の目盛りは四半期ごと(年に4回)に区切られていますね。 毎年この棒グラフがマイナス(0目盛りより下)になっている四半期は、毎年どこかの四半期(3か月期間)にはあります。 マイナスになっている四半期が無いとしは、2003年と2004年くらいのものです。

いずれの年も運用はプラス・マイナスを経験しながら結果的に累積積立金は増え続けている

のです。

では、悪いほうのニュース「年金の資金運用 過去最悪マイナス20兆円」と新聞で報道されたのは、いつか? 直近ですと、2018年の第2四半期がそれに当たります。

日本の報道のネガティブニュースばかりに踊らされないようにしましょうね。